Home > どぶ板三大グルメ

どぶ板三大グルメ

よこすか海軍カレー


明治41年に発行された「海軍割烹術参考書」には日本海軍で提供されていた軍隊食のレシピの記録があり、その中のひとつにカレーライスの作り方があります。そのレシピをもとに生まれたのが「よこすか海軍カレー」です。現在認定店は40店舗を超え、ベースとなるレシピにそれぞれのアレンジが加えられることによって、店舗独自の昧わいをもつ「よこすか海軍力レー」が提供されています。海軍カレーは栄養バランスを考慮し、サラダと牛乳を必ず添えることがルールとなっています。

ヨコスカネイビーバーガー


1940年代後半、米海軍から横須賀に様々なアメリカ文化が拡がっていく中、ハンバーガーは汐入駅近くにあったEMクラブで提供されたことが、初めて一般市民が昧わう機会となりました。そのため、今や全国で日常的に食べられているハンバーガーは、横須賀が発祥の地のひとつと言えます。2008年11月、米海軍横須賀基地から、海軍の伝統的なハンバーガーの調理法が横須賀市へと提供されました。これを元に誕生したのが『YOKOSUKA NAVY BURGER』です。

ヨコスカチェリーチーズケーキ


2009年11月18日、米海軍横須賀基地がプロデュースした本物のニューヨークスタイルチーズケーキのレシピが横須賀市に提供されました。
チーズをふんだんに使い、濃厚でクリーミーな味わいとグラハムクラッカーの香ばしいクラストが特徴のこのチーズケーキは日本の一般的なニューヨークチーズケーキとは比較にならないほどです。
そして、日本の象徴「桜=「Cherry」がトッピングとして使用され、「Cherry Cheese Cake」となりました。

Home > どぶ板三大グルメ